dxrubyの始め方

screenshot

dxrubyはWindowsで動くゲーム開発初心者向けDirectXライブラリです。
Ruby製なので、プログラミングが簡潔に書けます。とりあえずゲーム作ってみようって人向けです。ただ難点は、素材まで含めた配布が難しいこと。まぁできなくもないけど、exe単体での公開はあまり考えないほうがいいかと思います。素材の隠蔽とか難しそうだし。プログラミングの練習とか、周りの人だけで楽しむとか、動画とか、その辺を用途にしてもらえばいいんじゃないでしょうか。

こんなゲームとか作れるらしい!
僕の作ったものじゃないですが、ここまでのことができますよってことで、参考になると思います。

導入

まずは、Rubyのインストールから。dxrubyはWindows用なので、それ以外は想定してません。公式サイトからインストーラをダウンロードするのが早いです。
ruby-clickまずは上の部分のダウンロードをクリックします。するとダウンロードリンクがいろいろ出るので、ダウンロード画面の下から2番目のリンク、「RubyInstaller」を押します。次の画面の「Install」をクリックするとインストーラ一覧が出ます。一番上のやつ(2016.07.18現在は2.3.1)をクリックすると、ダウンロードが開始されます。

注意事項として、dxrubyは32ビット版のみの提供なので、Rubyも32ビットを選ぶこと!
あとは、ダウンロードしたファイルを実行してインストールしてください。
WS000001
WS000002
WS000003

ここで、「Rubyの実行ファイルへ環境変数PATHを設定する」にチェック入れといてください。

WS000004

ぽちぽち押してくとインストール完了です。超簡単!

コマンドプロンプトを立ち上げて、「ruby -v」と打ってみましょう。Rubyのバージョン情報が出れば、Rubyのインストールは成功です。
WS000006
次に、dxrubyのインストールです。先ほど開いたコマンドプロンプトで、以下のコマンドを打ってください。ネットにつながっていること前提です。

gem install dxruby

これだけで、dxrubyのインストールは終わりです。超簡単!
WS000007

Hello World

まずは動かしてみましょう。デスクトップに、”main.rb”という名前でファイルを作成しましょう。それから、以下のように書いてみましょう。


require 'dxruby'
font = Font.new(32)
Window.loop do
  Window.draw_font(30, 30, "Hello World", font)
end

コマンドプロンプトでデスクトップに移動し、以下のコマンドを打ってみましょう。

ruby main.rb

こんな画面が出れば成功です。

WS000008

たったこれだけの記述で、ゲーム画面が表示されました。
これならどんどんゲームが量産できますね!
肝心なゲームの作り方については、僕のモチベーションと需要の具合によって続いたり続かなかったりします。続くといいなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。