あほべんとカレンダー2016に参加しました。

あほげーのクリスマス企画であほべんとカレンダーというのがあって、そちらに参加しました。Unityを前からずっと使ってみたかったので、3Dゲームを作ろうと考えてました。

アイデアとしては、スト2でボーナスステージがあってそんな感じで自分のそりとか壊してたらあほだよなーという、単純な発想です。

モデリングは、最初はまじめに一からモデリングしようとしてたのだけれど、やっていくうちに、これはいつまでたっても終わらないぞ、ということに気づき、モデリングツールを探しました。マインクラフト風に作れる MagicaVoxel というのがめちゃめちゃ簡単にモデリングできて使いやすかったです。背景の木なんかは、モデリング時間数分でした(笑)。

最初にモデリングしようとしてたのは、 Blender という無料の3Dツールです。最近は3Dツールも無料で使えるようになってきたのは驚きです。私が若いころは、ウン万~ウン十万、ウン百万するのは、当たり前の時代でした。いい時代になったものですね。しかしこの Blender というツール、操作が曲者でして・・・前よりもだいぶマシにはなりましたが、ある程度使い込まないとストレスが半端ないです。サンタのアニメーションは Blender で作りこんでます。ボーンの設定を細かくすることで、割と満足のいくアニメーションが作れました。

Blender は操作が曲者なので、本は必須だと思います。私は Blender 2.6 マスターブックというのを買いました。ちょっとお高めの本ですが、チュートリアル風で進めることができ、それ系のセミナーに行ったと思えば安いものかなとも思います。ただ残念ながら、Amazonでは現在は取り扱ってないようでした。

AmazonでBlenderの書籍を探す

Unityも書籍が必要かなと考え、書籍を買いました。これも前から買ってたやつで、「Unity5 3D/2Dゲーム開発」という本です。こちらもチュートリアル風になっていて、簡単に始められてよいです。最近だと、アプリ界隈で有名な和尚さんの本「UnityではじめるC# 基礎編」も気になってるので買ってみたいなと思ってます。

AmazonでUnityの書籍を探す

実際に作ったゲームは以下で遊べます。PC専用です。WebGLで出力しているので、特別なプラグインは必要ありません。30秒程度で終わりますが、もしよろしければ遊んでみてくださいね!

サンタさんのボーナス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。